header_corazon.jpg

なんだかんだでカード決定。

2012年05月20日

spacer.gif
resizeman_20120520224057.jpg
どうも。
昨日はスタイルE5月大会でございました。6月の新木場大会に向けて大事な大会でしたがお客さんはちょいと少なかったですね。
まぁ多かろうが少なかろうが頑張るのみ。来月の新木場は沢山のお客さんの前でやる!!
ポジティブ!ポジティブ!!


昨日はなんだか色々な事がありすぎて疲れたな…。
なんだかんだで新木場の自分のカード&パートナーも決定。カードは竹田&ダイスケ対村上和成&psycho組。
遂に村上さんと交わる時が来ましたね。なにげに中学生の時村上さんの試合は好きで良く見てたからね。あのスイッチの切り替え殺気はプロですよね。ある意味狂ってる。自分もリミッター外してお互い狂ってバチバチやり合いたいっす!!



そしてパートナーは佐々木の大ちゃんではないけどダイスケ違いのガッツのダイスケ!!佐々木の大ちゃんじゃないけど新生西E部警察で村上和成退治してきます!


そしてpsycho…謎すぎる。
この人が入った事により試合のイメージが全く浮かびませんわ(笑)
怖いわ〜。



とにもかくにもあとは新木場まで待ったなし。大きい会場でもスタイルEらしさを存分に発揮してまた上のステージに行けるようにがんばらなくては。



まだまだチケットありますので皆様ぜひ観に来てくださいませ☆

にしても疲れた〜。




※画像は柴田さん似の北の人のそっくりさん。
posted by 竹田誠志 at 23:06 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

なんだかんだでカード決定。

resizeman_20120520224057.jpg
どうも。
昨日はスタイルE5月大会でございました。6月の新木場大会に向けて大事な大会でしたがお客さんはちょいと少なかったですね。
まぁ多かろうが少なかろうが頑張るのみ。来月の新木場は沢山のお客さんの前でやる!!
ポジティブ!ポジティブ!!


昨日はなんだか色々な事がありすぎて疲れたな…。
なんだかんだで新木場の自分のカード&パートナーも決定。カードは竹田&ダイスケ対村上和成&psycho組。
遂に村上さんと交わる時が来ましたね。なにげに中学生の時村上さんの試合は好きで良く見てたからね。あのスイッチの切り替え殺気はプロですよね。ある意味狂ってる。自分もリミッター外してお互い狂ってバチバチやり合いたいっす!!



そしてパートナーは佐々木の大ちゃんではないけどダイスケ違いのガッツのダイスケ!!佐々木の大ちゃんじゃないけど新生西E部警察で村上和成退治してきます!


そしてpsycho…謎すぎる。
この人が入った事により試合のイメージが全く浮かびませんわ(笑)
怖いわ〜。



とにもかくにもあとは新木場まで待ったなし。大きい会場でもスタイルEらしさを存分に発揮してまた上のステージに行けるようにがんばらなくては。



まだまだチケットありますので皆様ぜひ観に来てくださいませ☆

にしても疲れた〜。




※画像は柴田さん似の北の人のそっくりさん。
posted by 竹田誠志 at 23:05 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記

昨日の結果

2012年5月19日 西調布格闘技アリーナ
新木場☆カミングスーン
観衆91人

■第1試合“帰ってきたスライディングD”
シングルマッチ 20分1本勝負
○ダイスケ(8分25秒 片エビ固め)×福田洋
※北尾式スライディングD
19-1[寸評]西調布復帰戦のダイスケは欠場前よりもウェイトを絞りボディアタックも見せると試合序盤ペースを握る。5分経過、パーフェクトスープレックスを巡る攻防はお互いに譲らない、だがヘニングばりのバックハンド・チョップを決めた福田はイッキにパーフェクトスープレックス。だが、これはカウント2。ここで手詰まりとなった福田に対し、追い抜きロープワークからのエルボー、カウンターのローリングエルボーを決めるとスライディングD弾一閃。ダイスケが西調布復帰戦を勝利で飾った。

■第2試合“STYLE-E版やるならやらねば!!”
シングルマッチ 20分1本勝負
○那須晃太郎(11分24秒 オモプラッチ)×スパーク隊長
19-2[寸評]那須相手に真面目な攻防を見せる隊長。序盤戦キックを巡る攻防は互角と見るや那須はテイクダウンを奪いアキレス腱固め、しかし隊長もクロスヒールで切り返す。5分経過、試合が動き始めると那須はサッカーボールキックから攻め込む。しかし隊長もダブルアームスープレックスで応戦。10分経過、那須にニールキックを見舞った隊長はバックドロップで勝負を懸ける。しかしここでおもむろマスクを取った隊長がフィニッシュを狙うも、下から那須一瞬の丸め込みで3カウントを奪った。

■第3試合““真っ赤なあの青春マッチ”
シングルマッチ 30分1本勝負
○梶トマト(12分58秒 レッドアイ)×翔太
19-3[寸評]この一戦に向け毎日トマトジュースを飲んでいた翔太はリングにもトマトジュースを持ち込む。腕の取り合い、バックの取り合い、手四つと序盤戦は互いに相手の動きを探る展開。だが、翔太の持ち込んだトマトジュースが裏目に。これを飲んだ梶は更にパワーアップ。中盤、翔太は梶のストレッチ技に苦戦をしいられるものの、トラースキックからスイング式のDDT。しかし、この猛攻を凌いだ梶。丸め込み合戦を制すると、レッドアイで翔太から3カウントを奪った。

■第4試合“新木場直前〜決起せよ、たむたけ出動!!”
タッグマッチ 45分1本勝負
○田村和宏&竹田誠志
(16分35秒 片エビ固め)
趙雲'骨'子龍&×関白・豊臣宏志
※バスソーキック19-4
[寸評]序盤戦から豊臣が元気一杯。田村と竹田に変わりがわり投げつけられるも、効いてないとスクワットで余裕の構え。しかし、無理が祟り腰を痛めてしまう。ここで入った骨は田村とスピーディーな攻防を展開。10分経過、連携に長ける獅子一色タッグは田村に狙いを定める。しかしウルトラタイガー弾で返した田村。最後はブレーンバスターからバスソーキックにつなげると豊臣から3カウント。試合後、動かない豊臣は討死となる。ここで自らも切腹をと刀を取った骨だったが、場内が暗転すると「うじ虫になるぞ」の声が場内に鳴り響く。するとレフリーのてっしー手島は口からお告ゲルを吐き出し倒れる。骨は風魔の双子忍者、秀斎・恵斎の新木場投入を宣言。この後、田村がマイクでしめるとリング上にはPSYCHO現れると田村は捕獲に乗り出した。

■第5試合“GO-SHINKIBA☆GO-SHIBATANK”
6メンタッグマッチ 60分1本勝負
○柴田正人&吉野達彦&山田太郎
(16分28秒 エビ固め)
新井健一郎&×CHANGO&アミーゴ鈴木
※ビッグクランチ19-5
[寸評]入場中の柴田組を急襲したアラケン組。柴田の急所を狙うとここで柴田は戦線離脱。ここからリング上はハンディキャップ状態。吉野をなぶり殺しのような展開でピンチが続く。だがブレーンバスター合戦を制した吉野が柴田にスイッチ。柴田はベイダーアタックからスティンクフェイス。だが3人連携を見せるアラケン組も簡単にペースを握らせない。15分経過、柴田のピンチをダブルレッグラリアットで蹴散らす吉野と山田は勝負を柴田に託すと、先月同様のベイダー式のパワーボムホイップで柴田が3カウント、前哨戦は柴田に軍配が上がった。

試合後、佐々木大輔とのタッグを熱望する竹田誠志。大輔を呼び込むが、リング上は田村が捕獲したPSYCHOとガッツのダイスケ。迷ったあげく、ダイスケとのタッグで新木場出陣となった竹田は村上&PSYCHO組との対戦が決定した。
posted by 竹田誠志 at 09:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
spacer.gif
spacer.gif