header_corazon.jpg

スタイルE新木場大会見所!!

2012年06月14日

spacer.gif
78d886c0.jpgいよいよ今週土曜日に迫りましたSTYLE-E6月新木場大会。全6試合の見どころはコチラ

↓↓↓↓↓↓↓↓↓


■第6試合
STYLE-E無差別級選手権試合 60分1本勝負
新井健一郎[王者] vs 柴田正人[挑戦者]
[見所]
傍若無人ぶりを見せつける第8代王者のアラケン。STYLE-Eだけではなく西調布のお客さん全てを敵に回しているが、新木場大会でベルト奪還を狙うはSTYLE-E一のパワーファイター柴田正人。アラケンのフィニッシュホールドはタイガーSPだが、130キロの柴田に対してその技を放つのは困難が予想される。逆に柴田としてはここ2ヶ月猛威を振っているパワーボムがある。必殺技への過程は柴田の方が優位に考えられるが、王者アラケンもそれは十二分に考えているだろう。柴田のパワーかアラケンの経験か!?。STYLE-Eの明日はどっちだ。

■第5試合
“Fantastick☆Romance”
シングルマッチ60分1本勝負
田村和宏 vs 日高郁人
[見所]日高郁人がSTYLE-E初参戦。迎え撃つは田村和宏。必殺のショーンキャプチャーでの脚殺しが印象的な日高に対し、田村には必殺の腕殺しテクニック、ミノルスペシャルがある。互いのフィニッシュホールドの源流にはバトラーツという団体の存在。テクニック勝負になるか、はたまた感情むき出しのバチバチの展開になるか!?注目のセミファイナル。

■第4試合
“狂乱戦地〜荒れ狂う男たち!”
タッグマッチ45分1本勝負
竹田誠志&ダイスケ vs 村上和成&PSYCHO
[見所]全くスタイルの異なる4選手が激突。復帰戦のPSYCHOのパートナーはテロリスト村上。対する竹田とダイスケだが、異次元タッグ相手にどこまで逆に吹っ切れてクレイジーになれるか。狂ったものが勝利へ近づく・・・竹田と村上の技術的な攻防も見どころだ。

■第3試合
“ヤングウォー!〜僕らの新木場戦争”
タッグマッチ30分1本勝負
那須晃太郎&吉野達彦 vs 橋本和樹&塚本拓海
[見所]西調布対大日本のタッグマッチ。ハシツカタッグに対しては苦汁を飲んでいる西調布軍。しかし、Kメタルリーグを制した那須とGWCタッグという結果を出した吉野はリベンジに燃える。若い4人の熱いシバキ合いを期待したいところ。

■第2試合
“新木場の平和は俺が守る!立ち上がれスパーク隊長〜スパーク軍対風魔忍者”
6人タッグマッチ30分1本勝負
佐々木貴&スパーク隊長&山田太郎 vs 趙雲“骨”子龍&秀斎&恵斎
[見所]なんだかとんでもない双子の忍者が現れることとなってしまった・・・色んな意味で大丈夫なのか心配だが、必ずやスパーク隊長が忍者の前に強大な壁となり立ちふさがり、STYLE-Eも新木場1stリングも西調布から持ち込むリングキャンパスも守ってくれることであろう。

■第1試合
GWC認定タッグ選手権試合
タッグマッチ60分1本勝負
CHANGO&アミーゴ鈴木[王者] vs 翔太&福田洋[挑戦者]
※第4代王者組は初防衛戦
[見所]急遽、GWCのタッグ選手権が実現。だが、ベルトだけではなくお互いに髪もかけられている。敗者髪切りマッチではなく、敗者ストレートヘアーマッチということで行うことが当事者同士で勝手に決められてしまったようだが、翔太は髪質を守ることはできるのだろうか?
posted by 竹田誠志 at 21:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56478387

この記事へのトラックバック
spacer.gif
spacer.gif